1. ホーム
  2. 看護部について

看護部について

病棟構成

病棟構成

看護体制 13対1
介護体制 30対1

回復期リハビリテーション病棟

看護要員 10対1

特殊疾患病棟

看護体制 13対1
介護体制 25対1

地域包括ケア病棟

看護体制 20対1
介護体制 20対1

療養病棟

回復期リハビリテーション病棟

脳血管疾患、大腿骨等の骨折、廃用症候群等の発症後で在宅復帰を目指す患者さん。

特殊疾患病棟

神経難病、脊髄損傷等の重度障害者、重度の意識障害の患者さん。

地域包括ケア病棟

緊急時の受け入れ(肺炎・尿路感染・脱水・褥瘡・骨折等)、在宅や施設への復帰支援(リハビリが必要な方など)、レスパイト入院、看取り、急性期病院からの受け入れ。

療養病棟

気管切開、喀痰吸引1日8回以上、褥瘡などの処置が必要、酸素療法が必要、指定難病で重度の状態の患者さん。

勤務体制

看護職

日勤

8:45 〜 17:30

夜勤

17:00 〜  9:00
(2A病棟のみ早出・遅出あり)
介護職

早出

7:30 〜 16:15

遅出

10:00 〜  18:45

介護補助者

8:30 〜  17:15

入浴介助専従

9:00  〜 11:30  /  13:30 〜  15:30

看護方式

チームナーシング
2A病棟は継続受け持ち制