1. ホーム
  2. リハビリテーション
  3. 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟とは、平成12年診療報酬改定時に新設された、診療報酬上、基本診療料における入院料等の中の特定入院料に規定された病棟です。

病気や怪我の種類は違っていても、自然回復や集中的なリハビリテーションにより身体の機能や日常生活動作(ADL)の改善が見込まれる時期を「回復期」といい、機能の回復が期待できる期間に、寝たきりにならないよう、起きる、食べる、歩く、トイレへ行く、お風呂に入るなど(これらを「日常生活動作」(ADL)といいます)への積極的な働きかけで改善を図り、家庭復帰を支援していきます。

病気の種類や発症した場所、発症してからの期間などに左右されるため回復期リハビリテーション病棟では入院できる患者さんの病名、発症してからの期間が決められています。

対象となる方

疾 患 発症から入院 入院期間
(1) 脳血管疾患、脊随損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術後の状態または義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日以内
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚随損傷及び頭部外傷を含む多発外傷の場合 180日以内
(2) 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節または2肢以上の多発骨折の発症後または手術後の状態 90日以内
(3) 外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症または発症後 90日以内
(4) 大腿骨、骨盤、脊髄、股関節、膝関節の神経、筋または靱帯損傷後の状態

1ヶ月以内

60日以内

※上記(1)〜(4)のいずれかに該当し、主として家庭復帰を目的とする方が対象となります。

※リハビリテーションが目的の病棟ですので、訓練の効果の期待ができない方や症状の不安定な方、濃厚な薬物治療や複雑な専門治療を要する方は対象となりません。

病棟・リハビリ室のご案内

クリックすると、大きな写真がご覧頂けます

ナースセンター

食 堂

食 堂

食 堂

リハビリ室

リハビリ室

リハビリ室

浴 室

リハビリテーションの実施例

 

6時

           
  リハビリ60分     リハビリ60分    
  入浴 リハビリ60分 リハビリ60分 入浴 リハビリ60分 リハビリ60分

12時

           
  リハビリ60分 リハビリ60分 リハビリ60分 リハビリ60分 リハビリ60分  
  リハビリ60分 リハビリ60分 リハビリ60分 リハビリ60分 リハビリ60分  

18時

           

リハビリ60分 ※患者様の体力に合わせて1日最大3時間までのリハビリを組んでいきます。

入浴 ※お一人で入浴できる場合は、入浴回数を増やすことも可能です。

リハビリテーション

  • 日本医療機能評価機構
  • 訪問介護のご案内
  • 南部圏域の地域包括を考える会 なんケアの会
  • 院内保育所
  • 御野場病院広報誌[
  • 診療時間
    平日/午前9時〜12時・午後1時半〜3時
    休診日/土曜・日曜・祝祭日
    診療担当医表はこちらから
  • よくある質問
  • 特定健診のご案内
  • クリニカルインディケーター